保育園の先生が風俗嬢だった

口は定番なんですけどね…

最後、風俗嬢のどこに出すのかと言えばやっぱりお口が一番定番ですかね。お口で刺激されて、そのままフィニッシュすればお口に出すことになるので、おそらく最もオーソドックスなフィニッシュかなって思うんですけど、風俗でのフィニッシュはお口だけではないのも事実ですよね。最後にどこに出すのかもまた、楽しさの一つと言っても良いんじゃないかなって思うんですけど、自分がひそかに好きなのが素股からのフィニッシュなんです。すると、相手のアンダーヘアの部分に発射する形になるじゃないですか。黒々としたアンダーヘアに自分のモノがかかっている。あのシルエットこそ、最高に興奮させらっるし、それを見ているとついつい興奮してくるのもまた、事実なんですよ。だから出来ればパイパンではなく、しっかりと毛が生えてもらって痛い所なんですけど、こればかりは運任せなので、パイパンであればお口でいいかなって(笑)アンダーヘアがあったら素股。これがいいんですよ。

風俗に希望が大きい理由

風俗への希望はとっても大きいです。むしろ希望しかないんじゃないのかなとさえ思っているレベルですが、その理由は単純なんですよ。だって風俗くらいしか楽しいことがないからです(笑)他にもたくさん楽しいことがあるのであれば、自分は別に何も文句はないというか、むしろもっともっと人生そのものを楽しみたいって思うことでしょう。ですが現実的には特に他に何かしら楽しいことがある訳ではないんです。そんな自分にとって、何が楽しいって風俗くらいなものなんですよ。だからこそ、じゃあ自分なりに何をって思ったら風俗を頼ってしまうのも仕方ないんじゃないのかなって。それに、風俗が楽しいからこそ他に期待しなくても良いんじゃないのかなって。だって楽しみたいとか、気持ちを発散させたいといった目的は風俗に行けば叶うんです。だからそれらの気持ちは風俗以外に求める必要はないんですよね。それだけ風俗の存在が自分の中で大きな物になっているってことです。