保育園の先生が風俗嬢だった

言わずと知れた「非日常」です

様々な魅力がある事くらい良く分かっていますけど、その中でも一番の魅力だなって思えるのはやっぱり非日常を味わえるところでしょうか。風俗で女の子に抜いてもらえるあの空間。それは人それぞれかとは思いますけど、自分には非日常そのものです。女の子とあの距離でしゃべることも非日常だし、裸同士になって接するコミュニケーションも非日常なら、抜いてもらえるっていう行為そのものだけでも非日常。風俗にはいくつもの「非日常」が潜んでいるんです。それらは普段味わうことが出来ないものばかりのとても貴重なものでもあるし、男が求めているものでもあるじゃないですか。日常生活に於いて、あれだけの時間を味わうことが出来るのもそうそうないんですよ。それだけに、風俗での時間がとても貴重なものだなって思いますし、あれだけの非日常が揃っているサービスは、風俗以外には見当たらないんじゃないのかなって気持ちになってしまう自分がいるんですよね。

前のめりくらいがベストですよ

冷静に、クールぶって楽しむよりは前のめりくらいになる方が圧倒的に楽しいのが風俗ですよ(笑)斜に構えて格好つけて女の子と接するよりも、我を忘れて、さらには周囲の目なんて気にせずに自分の楽しみたいという気持ちを相手の風俗嬢にぶつけるくらい、がむしゃらに楽しむくらいの方が満足感は高まると思いますけどね。それだけに、風俗で遊ぶ時に心掛けているのはとにかく「前のめり」になることなんです。第三者が見ているとかであればまた違った気持ちになるかもしれないですけど、個室で二人きりで楽しむんです。格好つけていても仕方ないじゃないですか(笑)風俗嬢にとってはお客以外の何者でもないんです。いくら自分が「自分は他のお客と違うだろ」みたいなアピールをしても、相手の女の子からすれば全員「お客」なんです。だから変に自意識過剰になるよりも、素の自分の欲求を満たすべく、ありのままの姿で前のめりになるくらいが良いんじゃないのかなって。