保育園の先生が風俗嬢だった

貪欲さも大切ですよ、ソープでは

ソープ以外の他の風俗って、フィニッシュの時には基本的に男は受け身じゃないですか。女の子の最後の攻撃を受ける。そして快感の絶頂に連れて行ってもらいますので、自分がすることって実はそんなにないですよね(笑)でもソープは違います。ソープだけは、風俗の中で唯一最後まで女の子を攻めるジャンルなんですよ。しかも女の子への攻撃が自分の快感と直結しているって思ったら、ついついこちらの気持ちもヒートアップするのは仕方ないんじゃないかなと(笑)もっともっと楽しみたいとか、女の子にもっと声を出させようとか男としていろんな欲求が渦巻くようになるのもソープならではな部分なんじゃないのかなって思いますの、ソープで遊ぶ時には自分自身、かなり楽しみなんですよ。だって他の風俗で味わうことが出来ない、最後までの一体感を味わうことが出来るんです。特別な気持ちと言うか、ついつい楽しみたいって気持ちになるのは仕方ないんですよ(笑)

リズムは大切かもしれない

何度も風俗で遊んでいるうちに、ふとしたことに気付いたんです。それは、相手がどんなリズムで攻めてくれるのかって、結構重要だなって(笑)シンプルな問題かもしれないんですけど、リズムが良いとこっちもどういった快感のリズムなのかが分かるようになるので、快感に集中しやすくなるんですよね。でもリズムが悪いと、こちらの体に襲い掛かってくる快感がランダムになるので、どういったものになるのか分からないじゃないですか。だからどうしたものかなって気持ちになるんです。そうなると、やっぱりリズムが一定の方がこちらも快感をイメージしやすいんです。ただ、上手な風俗嬢の場合、当初は一定のリズムで攻撃しつつ、途中でランダムになる。そんな変幻自在な攻撃を見せてくれるので、それはそれで凄いなって思えるんですよね(笑)リズムなんて昔は意識さえしたことはありませんでしたけど、実際にはリズムによって快感が決まると言っても良いかもしれませんね。